vol.10 絶賛発売中です

季刊書籍『自然栽培』第10巻
特集「大豆、一大事。」

 

「大豆と米さえあれば、日本人はなんとかやっていける」。

そう話すのは、“いのちのスープ”で知られ、活動がドキュメンタリー映画『天のしずく』にもなった料理家の辰巳芳子さんです。

味噌汁、豆腐、納豆はもちろん、醤油や油にいたるまで、私たちの食卓に欠かせない「大豆」。

けれど、いまやほとんどが輸入でまかなわれている…… “日本のソウルフード”とも呼べる大豆を見直してみませんか?

 

第2特集は、「北海道の自然栽培」。

自然栽培は、小規模農家でないと無理!?

いえいえ、そんなことはありません。

日本の食糧基地といわれる北海道で、自然栽培に取り組む人たちがいます。

その多様なすがたを取材しました。

 

第1特集「大豆、一大事。」

  • 辰巳芳子と「大豆100粒運動」
  • 痩せた土でも育つ“命の糧"を手放さないために
  • 在来大豆をつなぐ人々  
    マルカワみそ/プロジェクト粟 /べにや長谷川商店
  • 地域が拓く可能性〜神奈川県「津久井在来大豆」の場合〜出雲大社相模分祠×大磯農園/石山草子/おだやか家

 

【コラム豆知識】   

身近な大豆・私たちの大豆/日本の在来大豆いろいろ

タネの独占につながる遺伝子組み換え「特許」の問題

 

第2特集「北海道の自然栽培」   

「誰にでもチャレンジできる自然栽培に」折笠健

「この栽培で、自然力を取り戻したい」秋場和弥

「自然栽培の未来は、北海道にある」森茂樹

「植物はすごい」伊藤秀幸

「農福連携を今年こそカタチに」高橋正

「いまや人生最大の喜びになった自然栽培」髙木晃

 

ほかにも……

  • 栽培を科学する  
    マメ科植物を宿主とする根粒菌(こんりゅうきん)の神秘的ともいえる自然のメカニズム/横山 正(農学博士)
  • 見えないものを見る  
    可能性を引き出し、未来を育む。/岩田拓真(学習塾主宰)
  • 草にありがとう  
    こころを開くだけでいい/かわしまようこ
  • 農を支えるカタチ5  
    地域の小さなコミュニティで農家を支える

など、注目の読み物がいっぱい!