リニューアルしました!  シリーズ第2弾! 季刊書籍

自然栽培vol.17

『深すぎて笑える。米と日本酒』

1,404円(本体価格1,300円+消費税)
1,404円(本体価格1,300円+消費税)

みなさんは、毎日どのくらいお米を食べていますか?
食スタイルの変化や、昨今は炭水化物ダイエットや糖質制限などの影響もあって“米離れ”が進んでいます。
日本人が一日に食べる米の量は、50年前に比べていまや半分以下。でも、50年前のほうが肥満や糖尿病は圧倒的に少なかったのです。
そもそもいま私たちが食べている米とはどんな米なのでしょう?

そして、基本的には米と水だけでつくられる「日本酒」。日本酒を飲んで“米の味”を感じることはなかなかありませんが、海外でも注目されている日本酒は、実は田園風景が支えているのです。
日本人にとって最も身近な主食なのに、意外と知らなかった米。
本書でしか読めない、“笑えるほどの深い”米のはなし。
保存版です!

 

 最寄りの書店かアマゾンなどでお求めください。

 

【特集】
お深すぎて笑える。「米」と「日本酒」

 

ニッポンの米の可能性を探る。Part1

  • 「コシヒカリ」は永遠のスーパースターなのか?
    もっといろんな米があっていい!
    佐藤洋一郎(農学者/植物遺伝学)
  • お医者さんに聞く
    米との正しいつき合い方

ニッポンの米の可能性を探る。Part2

  • 昔の米を見直したい!
    廃れた品種に光をあてる自然栽培農家たち
  • 自然栽培の稲作名人に聞く
    「失敗」から「成功」への道しるべ
  • 「おいしい米」は「おいしいごはん」にして食べたい!  
  • 熊本県南阿蘇村 喜多いきいきくらぶ
    南阿蘇で広がる自然栽培米と酒
  • 福島県南相馬で始まった「自然栽培」の米づくり
    木村秋則

【第2特集】
お米にこだわった日本酒が飲みたい!

  • 三百年を継ぎ、百年先へ渡す
    酒づくり、米づくり、里づくり
    仁井田本家
  • 38年ぶりに復活した酒蔵が担う未来
    瀬戸酒造店
  • 知ればもっと美味しい!日本酒の基本用語辞典

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • 80歳のプロ猟師に聞く
    動物の棲める山への思い

【連載】

  • 自分で治すという考え方 その六
    あなたの病はあなた自身がつくっている(工藤和也)
  • 食材の個性を見抜く極意、教えます。   
    にんじん編
  • みっちゃんのイイモノひろめ隊 第3回
    龍神さまも人間もみんな頑張った! お米の国、日本!(さとうみつろう)
  • おいしい!を探して
    前例のない、アーモンド自然栽培で〝よそ者〟が描く地域の未来 笹原六氣(甲斐の国 ALMOND HILLS リッキーランド)
  • 元パンクバンドのギタリストがなぜが自然栽培の日々「ビビビビューティフル・ヴァイブレーション」第四話」生きる、とは(元銀杏BOYZ 中村明珍)
  • 岸田真理子の「月舟」

編集人/保川敏克
編集/温野まき(hanulu)、田中智絵(東邦出版)、藤木 淳(同)
AD/niwa no niwa(山下リåサ、三村 漢)
アートアソシエイツ/山本怜央
DTP/シム スソク(hanulu)